中田敦彦独演会 @ FAUST撮影会(2018/6/25)

中田敦彦独演会 @ FAUST撮影会(2018/6/25)

FAUSTのMV撮影会の休憩に
「俺と話、するやついるか~~」で始まった中田敦彦独演会

中田さんが参加者に向けて話をする

とても面白いお話が聞けたので
皆様にも読んで頂きたく、記事にいたしました

今回のFAUST撮影会のポイント

MVが撮れたら、ゴール!
今回の試みは、ファンを集めて、iPhoneで撮る、というのが新しい!

YouTubeの時代

MVって価値が下がってる。
昔なら、MTVやスペースシャワー、CDTVなどでMVを見ていた。
音楽番組も視聴率が落ちていて、今、どこでMVを観ているかというと、YouTubeでみてる。

そのYouTubeの小さい画面で見るのに、コストが非常に掛かっているんだ。
億、掛かっているものもある。

その高いコストをどうやって回収しているかというと、ライブ。
大きい会場でやって、物販とかで回収する。
ということは、MVは、今やライブで回収できるアーティストしか、作れないものになってしまっている。

だから、MVがない楽曲の方が多い。
CDを作るコストが払えないから、配信限定になる。
配信限定で、MVも作れないとなると、もう、ほとんど聞かれることが、ない。

じゃあ、どうやって聞いてもらうか?
ファーストコンタクトで楽曲に触れるのは、今はYouTubeなんだ。

iPhoneで撮るということ

YouTubeの画面は小さい。
4Kで撮る必要はないんだ。せいぜい、720Pか、1080P。
iPhoneで十分だろう。

だけど、iPhoneでMVを撮ることを許してくれるアーティストは少ない。
プライドが許さないし、価値が下がる気がする。

でも、そんなこと言ってる場合じゃない。
だから、劇的に低コストでMVを作るというのがやりたくて、スマホ作戦!
iPhoneでね。

俺は、正直、なんだっていいと思ってる。
絵さえ動いていれば、ずっとワンショットで歌ってる映像ですらいい。
カット割りする必要すらない。音に絵が乗っているだけでいいと思ってる。
YouTubeに置ければいいんだから!

RADIO FISHとFAUST

でも、RADIO FISHも、そこはそうはいかない。
PERFECT HUMANのMVが豪華だったから、いきなり下げれないし、
メンバーも難色を示す。
それはちょっと、と。

でも、まぁいいですよと作ったのがNEW GOD。
だけど、納得いってない。皆。
俺は、出来てるじゃんと思うんだけど。

RADIO FISHでは出来ない作戦をやってみたいと思ったのが
FAUSTの今回のMV撮影会なんだ。

MV撮影

俺が撮ったら、凄いスピードで撮れる。
何がMVの時間がかかる要素かというと、チェックだ。
アーティストってこだわりが強いから、チェックに時間がかかる。

それと、技術のこだわり。機材やカメラにこだわる。
そこにスポンサーがいたら、もっと大変なことになる。

それが、ワントップ、俺だけだったら、凄い速さで撮れる。
必ずいいものが撮れる!
ある程度ね(笑)

見るに耐えれるものが出来れば、勝ち。
ファーストコンタクトの、入り口さえあればいいのかなって思ってる。

方向

音楽はもっと手造り出来るんじゃないかっていう、作戦をやりたかった。
でも、RADIO FISHはもう出来ない。
よしもとの所属アーティストだし、メンバーも多いし、ヒット曲もあるから。

RADIO FISHはメジャー路線。
コラボして、フェスにでる。
それの前座として、FAUSTを常に差し込んでいこうと思っているんだ。

 

中田さんのお話はここまで
まさか、撮影の合間に、これほど様々なことが聞けるとは思ってもみませんでした

皆様、理解できたでしょうか?私は正直、まだ半分位ですね(笑)

しかし、パワーと推進力の男、中田敦彦
その走りを止めることなど出来ようもなく、ただ、その姿に感嘆するばかり

しかし、言うことは言いながら、マイペースについていきましょうかね

 


文 コイフジ(@koi_fuji

写真 miyako dohi(@miaa)、NKT FAUST部

 

中田敦彦の思考を誰よりも早く知りたいか?
そんな君は NKTオンラインサロン に入部しよう!

記事:NKTオンラインサロンへの入り方を解説