第2回 FAUSTメンバーにインタビュー!【jessy編】

第2回 FAUSTメンバーにインタビュー!【jessy編】

FAUSTの2nd single、セルフタイトル『FAUST』のMV撮影会中に、メンバーのみなさんにインタビューさせていただきました。

プロジェクトが始動してから変わったこと、変わらないこと、そしてメンバー同士の関係性などについてお話を聞きました!

一人目は、この2曲目からFAUSTプロジェクトに参加したjessy(加藤海斗)さんです。
紹介者である南部海人さんとの関係や、FAUSTで目指したいことを中心に教えていただきました。

※加藤海斗さんは、FAUSTでは”jessy(ジェシー)”名義で活動されることに決まりました。
本名と合わせてどうぞよろしくお願いいたします。

それではお楽しみください。

記事:FAUST2曲目MV撮影会レポート~北野貴章さんが初のMVディレクション!~
記事:RADIO FISHの弟分ユニット『FAUST』っていったい何者?これまでのストーリーを振り返る!


(このインタビューは2018年8月15日に行いました)

 

―さっそくですが、FAUSTに誘われたときのエピソードをお伺いさせてください。
jessy:自分は、KAITOくん、南部の海人くんに誘われて、マクドナルドで二人で話して。

―マクドナルドで。
jessy:そうです。「こういうことを俺今やってて、お前と一緒にやりたいんだ」って言われました。
俺とKAITOくんは元々一緒のダンススクールで、同じ夢を目指してたんです。
でもお互い、そこはやめてしまって。
そんなときに別の形で一緒にやろうって言われたので、「やりたい」と伝えて、KAITOくんが中田さんに俺を紹介してくれました。

―南部海人さんとはいつからお友達なんですか。
jessy:お友達というか、よく会うようになったのは上京してからです。
今までは同じダンススクールと言っても、札幌と横浜という遠いところだったので、ま、お互い知ってるけどあんま会えない感じで。

―上京されたのはこの四月(2018年)のことですよね。何か目的があって上京されたんですか。
jessy:いや、一か月間、すごい何していいかわかんない状態だったんです。
スクールをやめて、上京して、これから新しい人生始めようってところでした。
そんなときに、KAITOくんから話をもらって。
FAUSTの活動が始まってからは、すごい、色々あって楽しいですね。

―KAITOさん以外のメンバーとは面識があったんでしょうか?
jessy:いや、ほかの三人とは完全に初めましてです。

―それぞれのメンバーの印象を聞かせてください。
jessy:SHIRYUは、唯一の年下で、自分的には「めんこい」存在ですね。
あ、「めんこい」っていうのは北海道弁で「かわいらしい」って意味です。

NAOTOくんは、ふわふわしてます。
でもスイッチが入るとめっちゃ面白いんですよ。そういうところが好きですね。

DAIKIくんは、めっちゃしっかりしてんなって思います。
年も一番上だし、しっかりしてます。

―では、次に中田プロデューサーの印象はいかがでしょうか。
jessy:想像していたイメージ通りの人でした。
武勇伝のときからテレビで見ていて、都市伝説などのトーク番組で喋る姿も見ていたんですけど、「常にがんばる人」「頭がいい人」っていうイメージがあったんですよ。
実際会って喋っても、そういう印象がとても強くて、ありのままなんだなーと思いました。

―テレビに出ている姿と、それ以外の姿が同じだということですね。
jessy:そうです。でも実は中田さんとちゃんと会うのは今日が二回目なので。
これからまた変わっていくかもしれないです。

―では、そんなプロデューサー中田さんの元で、FAUSTをどんなグループにしていきたいですか?
jessy:自分は、有名になりたいですね。
楽しく夢を追いかけながら、もちろんつらいこともあると思うんですけど、歌って、踊っているときは楽しくありたいです。
楽しくライブができたらいいなって思っています。

―どんな風に有名になりたいんでしょうか?
jessy:もちろんFAUSTというグループとしても有名になりたいんですけど、「加藤海斗」と名乗ったときに「あーカイトね!」ってみんなが分かるような人になりたいです。
例えば「オリエンタルラジオ」とか「PERFECT HUMAN」って言ったら、みんなが分かるじゃないですか。
そういうのが欲しくて、そういう感じの人になりたいですね。

―お名前といえば、南部海人さんとはどう呼び分けたら……
jessy:あ、まだ決まってないです(インタビュー時)。
自分は普通に「海人くん」って呼んでるんですよ。で、向こうからは「海斗」って呼ばれるので、お互いはいいんですけど……

―他のメンバーからはなんて呼ばれてますか?
jessy:……俺、メンバーに名前呼ばれてるっけなあ(笑)

 

と、そこに折よくDAIKIさんが登場。

「DAIKIくん!僕のこと何て呼んでるっけ?」
「カイティン。そう呼んでって自分で言ったじゃん」

 

jessy:ダンススクールに通ってたとき、後輩の女の子たちに、カイティン、カイティンとか言われてたんですよ。
カイトゥ、カイティンとか、めっちゃこう、言われてて。
でもいざそれを男から呼ばれると、ちょっと気持ち悪いなって……(笑)

DAIKI:SHiNさんに「カイティンでいいです」って言ってたじゃん。

jessy:SHiNさんはカイティンでいいです。
でもメンバーからはちょっと違うかなって。

DAIKI:じゃあ、やっぱり「Kaito」にしよう。で、あっちは「NAMBU」で行こう。(笑)

jessy:そう、それで行きましょう。
加藤っていっぱいいるじゃないですか。でも南部って全然いないから。

でも、カイトを自分が取ると怒るんですよね。「俺先輩だから」って言われて。
「そうだなー」とは思うんですけどね。

―次に、ダンスのことをお伺いしたいのですが、ご自身のダンスのスタイルを教えてください。
jessy:HIP HOPが好きです。でもR&Bのバラードなどで踊るのも好きだし、最近はやっているSWAG系っていうんですか、ラップで踊ったりするのも好きですね。

―ダンスをしているときに「ここを見て!」というアピールポイントはありますか?
jessy:体格が細いぶん、手足を長く見せたり、身体を大きく見せようと思っています。
そういうところです。

―目標にしているアーティストさんはいらっしゃいますか。
jessy:いろんな国の音楽を聴くんですが、韓国が特に好きで。
BIGBANG、その中でもG-DRAGON、あとはiKONというグループも好きですし、ラッパーだとZICO、DEANがかっこよくてとてもはまってます。

顔もかっこいいんですけど、しぐさやノリですね。
踊り方や魅せ方がとてもかっこいいです。
あとはアメリカですけど、クリス・ブラウンが好きです。

―歌手の方のお名前も出ましたね。歌は得意ですか?
jessy:以前からラップはやっていたので、それなりに得意です。
今回の2nd singleでもラップしています。
これからはラップをやりつつ、歌にも挑戦していきたいですね。

―その曲を皆さんの前で、いよいよ来月披露することになりますね。NEWTONツアーへの意気込みをお願いします。
jessy:FAUSTはオープニングアクトで出ます。
やっぱり、FAUSTとしてもライブとしても、『最初』ってすごい大事だなと思っているので、「これからRADIO FISHが来るよ!」と思わせながらも、自分たちが一番目立つ気持ちでパフォーマンスしたいな、と思っています。

―では最後に、FAUSTを応援しているファンの方にメッセージをお願いします。
jessy:後から入った身として、みんなに追いつけるように、なんなら追い抜かす気持ちでやりたいなと思っています。
全力で応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いします!

 

!インタビュアーから見たjessyさん!
この日、初めてファンの前に姿を現したjessyさん。
ですが人懐こい笑顔とフレンドリーな会話で、たちまち皆さんの心にキャラクターを印象づけました。
素の言動が少し抜けている一方で、ダンスパフォーマンスははちゃめちゃにカッコイイです。
早くMVで完成した姿を見られるのが楽しみです!

 

▶YouTubeにて公式チャンネル誕生!チャンネル登録待ってます!

▶1st single「Lady Rose」MV公開中!

▶RADIO FISHツアー「NEWTON」にオープニングアクトとして出演!

RADIO FISH TOUR2018 “NEWTON” ※チケットは完売しました

  • 9月12日(水)名古屋公演@ボトムライン
  • 9月19日(水)大阪公演@バナナホール
  • 9月21日(金)東京公演@渋谷ストリームホール

写真撮影・企画 伊藤香織

インタビュー・文章構成 かがり(@oet_kagari

 

FAUSTをもっと近くで応援したい?中田敦彦オンラインサロンで待ってます!
→ NKT Online Salon entrance