【ライブレポート】RADIO FISH NIRVANA 2019 (2019/10/2)

【ライブレポート】RADIO FISH NIRVANA 2019 (2019/10/2)

2019年10月2日(水)、Zepp DiverCity TOKYOにてRADIO FISHのワンマンライブ『RADIO FISH NIRVANA 2019』が開催された。

彼らのワンマンライブは昨年9月のNEWTONツアー以来となる。
メンバーの努力もあり、過去最大の2000人超の客席はほぼ完売。
日頃応援しているファンだけでなく、RADIO FISHをほとんど知らない老若男女が大勢詰めかけ、キッズスペースや2階も含めて会場を埋め尽くした。

この記事では、熱気みなぎる会場にて2時間半ノンストップで行われたステージの様子をレポートする。

【オープニングアクトFAUSTのレポートはこちら

第一部:中田崇めパート

NIRVANA2019 ステージセット
ステージ全景

定刻が過ぎ緊張感が高まる中、会場が暗くなった。
1曲目はShow-heyプロデュースの新曲『SPACE MAN』。
イントロから特殊効果が駆使され、ステージ上に広がるもやのような煙が宇宙空間を描き出す。

歌うメンバーが一人ずつ、舞台中央のボックスから姿を現すたびに歓声が沸きあがる。
しかし、ボックスは五か所しかない。一人が足りない。
そしていよいよ、そのNAKATAが登場するという瞬間に、時が止まった。

音楽が止む。
階段を上がった上段部分を、カツ、カツと中央に向かって歩いてくる黒ずくめの男がいる。
NAKATAだ。

爆笑の渦が巻き起こる。
一歩進むごとに笑い声が大きくなり、少しおさまったところで、しかしNAKATAは一向に歩き終わらない。
こんな音楽ライブのオープニングは、前代未聞に違いない。
そしてようやくNAKATAがステージ中央にたどりついた!

「Are you ready? SPACE MAN」

音玉が弾け、『RADIO FISH NIRVANA 2019』がついに開幕した。

続いて、いわゆる「中田崇め曲」と呼ばれる曲が続く。
『GOLDEN TOWER(feat.當山みれい)』では、SHINGOが女性ボーカルの高音域も難なくカバーし、持ち前の美声を会場いっぱいに響かせた。

次の『あの日見た神様の名前を思い出していつかきっと泣いてしまう』では、ステージの作りを生かした、普段より規模の大きいパフォーマンスが繰り広げられる。
傀儡のようにNAKATAに操られるスキルマスターの4人。
彼らのダンスに魅了されては、NAKATAを崇めるおかしな世界観に笑わされる、という往復をフロアは繰り返した。

客席も一緒に振付を楽しめる『No.55』が終わると、次はNAKATAの大演説を堪能できる『東京大革命』だ。
「この世には2種類の人間しかいない。聞け!」
演説パートが終わりFISHBOYがうやうやしく黒布を献上すると、NAKATAはそのマントを風に思いきりはためかせる。
一度目はステージ下段、そして二度目は上段で黒いマントがひらひらと風を受けて舞う。
「全責任は、私が取る!」
謎の説得力と笑いに包まれたまま曲が終わり、最初のMCが始まった。

「おい、いつまでもマントをはためかせるのをやめろ!」

ステージ上方を見やると、なんとNAKATAがまだ風を受けて仁王立ちしている。

「これが……涼しくて」
「涼を取るんじゃない!」

さっそく芸人らしくひと笑い取ってから、トークに入る。
まず最初は、RADIO FISHを見るのが初めての人に向けて自己紹介、だったはずなのだが。

「皆さんご存知ナスが大好き、最近はまっているのはナスの煮びたしFISHBOYです!」

ファンしか知らない自分の好物をアピールしてしまったFISHBOYが元凶だろう。
メンバー全員がマイブームを披露し始め、初見の方に何も伝わらない事態に。

「外で泡風呂するのにはまっているRIHITOです」
「最近ハンバーガーが好きなSHiNです」
「大好きな桃の季節が終わってしまったShow-heyです」

以上4名が、ダンスのプロであるスキルマスターたちだ。
オリエンタルラジオの二人も負けじと自己紹介する。

「美代子と清武の息子、SHINGOです」
「美代子と清武が大好き、NAKATAです!」

今回のライブの演出を務めるShow-heyが客席に声をかけた。
「RADIO FISHが初めての方、手をあげてくださーい」
フロアの後方を中心に、多数の手が上がる。
「次に、その人たちは手を下ろさずに、今度はRADIO FISH見たことあるよって方も手をあげてくださーい」
その行為に何の意味が?と疑問符が渦巻く中、全員の手が上がる。
「じゃあ、そのまま曲に行きましょう!そんな感じの振付があるので一緒にやってくださいね!」

始まったのは「中田崇め曲」が三連続。
『ULTRA TIGER』ではNAKATAのセクシーな手招きに会場が沸き、『黄金時代』はファンが合いの手を響かせた。
『NEW GOD』では印象的な振付に合わせて、グッズのペンライトが鮮やかにコミカルに揺れる。

次の曲のイントロでファンはどよめいた。
80年代ディスコを思わせる懐かしくて少しダサさもあるミュージック。
今回発表された新曲4曲の中で、もっとも問題作だと謳われている『神様Disco』がついに始まってしまったのだ。

盆踊りをモチーフにしたキレの良すぎるダンスに笑いが起きるが、そんなものは序章にすぎなかった。

「46億年前
私がこの星を創った時に
もっとも強く願ったことがあります。」

突如始まる、NAKATAの独白。
2階中央に立つ彼の手からは緑色のレーザービームが放たれている。
はっと気づき、スタンディングの客が一斉に上を向く。
NAKATAの天地創造の光を受けた巨大なミラーボールが、きらきらと光を反射させ、会場いっぱいに降り注がせていた。

「私は……、NAKATA」

曲後のMCはこの『神様Disco』の話で騒然となった。
メンバー最年少RIHITOがプロデュースしたこの曲は、「神様がDiscoで踊りながら涅槃の境地に達する」という世界観と歌詞が奇想天外すぎて、メンバー全員初めてデモテープを聴いた際に衝撃で言葉を失ったそうだ。

「中田さんのあの語りって何なの?RIHITOと一緒に書いたんですか?」
「いや、あれは丸ごとアドリブでお願いしました」

「曲を渡されて、これまでの人生で最大級に天を仰いだね……」

企画コーナー&第二部:新旧メドレー

オモチャでゆるく遊ぶ企画コーナーを挟み、SHINGOとスキルマスターの4人が衣装替えのためはける。
一人残された御神体ことNAKATAは、なんとその間を一人喋りでつないだ。

「震災のときに芸人である自らの無力さを感じ、しかし気づいた。エンターテイメントもまた、人生の必需品であるのだと」

「ジェットコースターの楽しみ方を知っているか?それは声を出すことだ。ライブも一緒なんだ、好きな人の名前をこんなにも堂々と叫べる場所がほかにあるか?」

「『何度もブレイクしてますね』と言われるがそうじゃない、それ以外の時期を見てないだけだろう。でも、そういう苦悩や努力の時を共に過ごしたり、応援してきたってことが、成功した瞬間の喜びや輝きをより強くするんじゃないだろうか」

日本を席巻した楽曲『PERFECT HUMAN』の前に、RADIO FISHは5曲をリリースしている。
全くヒットせずに諦めかけた時を経て、あの快挙を成し遂げたのだ。

衣装替えを終えたメンバーが姿を現し、曲が始まる。
『TONIGHT』、『PARADISE』、どちらも『PERFECT HUMAN』以前の楽曲だ。
効果的にアレンジされ、メドレー形式で披露される。

続いて『O.D.O:Re』、『ワンチャンCOCO☆夏物語』、『MIND BEACH』が波の音を紡ぐように繋がれていく。
『Trip Drop Town』のラストは、SHINGOとShow-heyの二人だけがステージ上段に残り、相性の良い歌声を響かせ合った。

新曲『Bitter Coffee』はRADIO FISH初となるラブバラード。
ステージ中央に一人立つのはFISHBOY。
甘く堅実な歌声が、フロアを魅了し広がっていく。
階段に腰掛け、切ないラップを刻むのはSHiN。
そこから立ち上がると、上から下までステージをフルに使い、観客の視線を一気に引き寄せた。

ラストシーンでは、6人が舞台上の思い思いの場所で物思いにふけっている。
……しかし、余韻は一瞬で砕かれた。

「見てこの雰囲気!ちょっとこのまましっとりトークしましょうよ」
「では、軽減税率について」
「やめだ、やめ!」

第三部:NEW RADIO FISH&アンコール

SHiNのプロデュース曲である『Bitter Coffee』の裏話を終え、いよいよライブはラストスパートへ。
最初の『Gambler』では、RIHITO、SHiNの双璧がフロアを沸かせ、グッズのタオルを回す振付で観客が一体となった。

続く『O.I.S~オルスクセクシィー~』は、FISHBOYのプロデュース曲。
「セクシィ―!」の叫びに合わせ、ジャケットをはだける演出がインパクト抜群。
最後は6人が隊列を組みジャケットをはだけまくり、衝撃と爆笑の渦で会場が騒然とした。

『Stepping on the fire(feat.w-inds.)』では、SHINGO、RIHITO、Show-heyが歌とラップを担当。
見せ場しかないダンスと、独特の動き「中田ムーブ」で盛り上がりは最高潮に。

ついにラスト曲『Make Ya Groove』。
いきなり始まるNAKATAのエアサックス演奏。
もはや「笑っていいのか」などという疑問は不要だ。
会場にいる誰もが思いのままに声を上げ、手を振り、もちろん大いに笑って、今日しかないRADIO FISHを楽しんだ。

銀テープが舞い、2000人が大合唱する中、ライブはアンコールへ。

1曲目で『PERFECT HUMAN』のイントロが流れ出すと、フロアはこれまで以上に沸いた。
これだけの規模のライブで、会場認知度100パーセントの楽曲を持つ強さを思い知る。
揺れるほどの「NAKATA」コール。
歴史上の偉人でも、ここまで大勢に名前を連呼された男など、そうはいないだろう。

しかしそんなNAKATAも、曲を降りればただのRADIO FISHの一員だ。

「今日は最後にもう一つ企画があるんですよ」

Show-heyの呼び込みでケーキを持って現れたのは、オープニングアクトを務めた弟分FAUSTの5人。

「37歳、おめでとうございます!」

9月27日はNAKATAの誕生日だったのだ。
法令上の制約でロウソクが使えないため、吹き消す仕草とともに客席のペンライトを消して祝おう、とお洒落な演出が提案される。

「『おめでとう』の前、なんて呼びましょうか。中田さん?御神体?」

すると巻き起こる「あっちゃん」コール。

「『あっちゃんお誕生日おめでとう』でいきましょう」
「じゃあ、『あっちゃん』に、なるね」

言葉とともにサングラスを外すNAKATA。
すると「あっちゃん!そんなとこにいたのか!」とSHINGOが呼びかけ、笑顔が生まれた。

最後の曲として披露されたのは『また逢える日まで』。
ゆったりと手を振りながら、別れの淋しさではなく、新たな始まりへの希望を歌い上げる。
ラストはメンバーが一人ずつ挨拶し、トリをやはりNAKATAが務めた。

「人生いろんなことがある。でも、つらくなったときには『神様Disco』と『オルスクセクシィ―』のことを思い出してほしい。あんな歌を歌ってたやつらがいたなって、僕たちを思い出してください。そして、いろんなことを乗り越えて、また逢いましょう!」

ライブの何週間か前に、NAKATAが語っていたことがある。
2000枚のチケットがなかなか売れずに苦戦していたときだ。

「今回のライブに関してはいろんな意見があった。もっと小さい箱でいいんじゃないかとか、違うやり方があるんじゃないかとかたくさん言われた。だけど、俺はどうしてもZeppで2000人を集めたかった」

「どうなるのかなあ。この日がどうなるのか、ライブが終わっていったい何を思うのか、今は全く想像もつかない」

そんなことを語っていたNAKATAが、ライブ最後の挨拶を終えメンバーへの号令をかける前に、絞り出すように口に出した。

「最高だな、終わりたくないな」

傍らには、やりきった顔、泣きじゃくる顔、噛みしめる顔、そして笑顔の、メンバーたち。

「……よし、声揃えて言うぞ。せーの!」

深いお辞儀と共に聞こえた「RADIO FISHでしたー!」の6人の声。
記憶に刻み込まれて、簡単には消えそうにない。

セットリスト

2019.10.2
『RADIO FISH NIRVANA 2019』

  1. SPACE MAN
  2. GOLDEN TOWER(SHAMAN ver.)
  3. あの日見た神様の名前を思い出していつかきっと泣いてしまう
  4. No.55
  5. 東京大革命(SHAMAN ver.)
    (MC)
  6. ULTRA TIGER
  7. 黄金時代
  8. NEW GOD(SHAMAN ver.)
  9. 神様Disco
    (MC&企画コーナー)
  10. TONIGHT
  11. PARADISE
  12. O.D.O:Re
  13. ワンチャンCOCO夏☆物語(RIHITO ver.)
  14. MIND BEACH
  15. Trip Drop Town
  16. Bitter Coffee
    (MC)
  17. Gamblar
  18. O.I.S.~オルスクセクシィ~
  19. Steeping on the fire(SHAMAN&SKILL-MASTER ver.)
  20. Make Ya Groove
    (以下アンコール)
  21. PERFECT HUMAN
  22. また逢える日まで

文章 かがり(@oet_kagari

RADIO FISHファンクラブUNITEDの入会はこちらから
→ ファンクラブUNITED&ビジネスサロンPROGRESSへの入会方法